新東名高速を使って長篠古戦場にいってきた!ETCカードを作っておいてよかった

今日は暇だったので、新東名高速を使って一度行ってみたかった長篠古戦場に行ってみました。新東名高速ができてから、直接行きやすくなったもので一度行ってみたいと思っていましたが、ついに実現しました。

ETCカードを事前発行

いくにあたって事前にETCカードを作っておきました。ずっと作ろうと思っていたのですが、なんだか面倒でやっていませんでした。

カードを発行するにあたり、いろいろなサイトを参考にしました。どのサイトでも共通して紹介されているエポスカードやセゾンカード、オリコカードなどを中心に比較した結果、エポスカードでETCカードを発行しました。

理由は、マルイでの買い物が割引になること、即日発行に対応している事です。マルイはちょこちょこ行きますし、冬物を買いにそろそろ行こうと思っていたのでちょうどいいタイミングだと思い決めました。

年会費が完全無料でおすすめできるETCカード

クレジットカードの発行にかかったのが40分くらいで、追加でETCカードを作る時間が30分くらいだったと思います。1時間弱でクレジットカードとETCカード両方が作れて満足です。

もちろん、新東名高速での利用も問題ありませんでした。一般レーンで待たされることもなく高速料金も割引になって満足でした。

長篠城跡を堪能

まずは、長篠城跡にいって資料館でどんな感じで戦が進んだかを見たり、きれい紅葉がまだ残っている状況の長篠場跡地を見ながらきれいに残っている廓や土塁を堪能してみました。

その後は、実際に激戦地になったところを見学しに行ったのでありますが、意外に洗浄になったところは思ったよりも狭い感じです。これだけ狭い中で大人数が動き回っていたんだなあという感じですが、馬防柵があったりしてそこから覗いてみる

戦場付近の景色は、かなりの臨場感があり、迫力がありました。ここから、多くの敵兵を迎え撃つとなると、かなり緊張するでしょうね。その後は歴史資料館を見て、火縄銃のレプリカを触ったりしながら長篠古戦場を堪能しました。

帰り道でバームクーヘンを購入

帰りには長篠PAの下りにしかない限定品の火縄銃バームクーヘンを購入したのと、PAから直接行けれる織田信長の本陣跡に行ってきて最後まで長篠を堪能してきました。 PAについても戦国時代さながらの模様や展示品があったのでかなり楽しめました。

お金があったらPAに合った模型の火縄銃や刀もかってみたかったなあと思う次第です。また、機会があったな新城のその他の観光施設や場所にも行ってみて、古戦場以外にも色々なものを堪能したいと思います。

保存